水漏れ、漏水したら、まず確認する事!

水漏れ(漏水)と一言で言っても、

①給水漏れ

②給湯漏れ

③排水漏れ

④器具の漏れ

と、大きく4つに分かれます。

 

どれが漏れても困りますが、

 

お湯が出せないだけ!

なのか、

家じゅうの水を使えないのか?

 

では、

水漏れ修理完了までに

かかるストレスが違うと思います。

 

そこで簡単にご自身でおおよそ確認できる手順をご紹介しておきます。

まず初めに水道メーターをご確認下さい。

水が出てる状態だとクルクル回ってると思います。

家じゅうの水を止めるなら、

メーターについてるバルブを閉めればOK!

しかし、

まず確認したいのでバルブは開けた状態にしてください。

水道管なのか給水管なのか?

確認するには、

給湯器についてる給水バルブを閉めます。

 

これで給湯管へ水が行かなくなります。

 

では、初めに見た水道メーターをご確認下さい。

 

これで水道メーターが止まってる場合は、

給湯管が原因なので、

水は使えます。

 

トイレが使えるのは非常に助かりますね。

その他にも

トイレ・キッチン・洗面にも、

止水バルブがついてると思いますので、

場所が明確な場合は、

こそだけ止水すれば、

 

水漏れ修理が完了するまでの期間

少しは落ち着いて過ごす事が出来ます。

 

お役に立てば非常に嬉しいです。